メラニー法で喋る女声の出し方

メラニーさんが作った男性(実質的な男性)が、女性の声を出す方法のメラニー法というのがベターなのかも知れない。

メラニー法とは、ボイストレーニングにより女声を出す方法。男性の性同一性障害を持つ人が、女声を出すことによって男性であることを知られないように習得することが多い。自身も性同一性障害者である、アメリカのメラニー・アン・フィリップス (Melanie Anne Phillips)によって開発された。



声によって元の性がばれないことは、「女性」として生きてゆくためなどに必要なことである。この方法においては、高い声を出すこと自体は目的としない。それよりも、女声らしい響きをつけることで、相手に女性として認識させようというものである。
引用元:wikipedia

  • http://ja.wikipedia.org/wiki/メラニー法


  • 最終更新 2011年7月18日 (月) 02:54 時点

    メラニー法の出し方

    ここに↓メラニー法の日本語訳っぽいのが興味がある人は見てみるとよいのでは?(原文の元サイトは英語なのでおいらは理解できませんので・・・。)

    http://itseo.web.fc2.com/melanie.html




    リンク先のページの
    「–ここからしばらく抜粋– 」という所から、本題の女性の声の出し方になっている。

    喉仏に手を当てた状態で、喉の上ではなく下側を使って喋るんだと。


    一般的にナチュラルボイスとか地声上げと言われる出し方は「メラニー法」に該当するんだと思う。(違ってたらすみません)
    どちらにしても、慣れと長期間の練習は必要だと思います。

    スポンサード リンク

    関連する記事

    カテゴリ ランキング

    Sponsored Links

      

    検索窓

    “メラニー法で喋る女声の出し方” への1件のフィードバック

    1. ME☆GU より:

      解りにっく…
      もう少し文章をまとめてポントをはっきりして欲しいです~

    コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ